ピラセタム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世田谷・採集」最終回!

setasailast.jpg

題名の通り、
世田谷のタウン誌「世田谷・採集」が3月30日(日)に配布される4月号を持ちまして、
廃刊となります。
A4・4ページというコンパクトな誌面を活用して、お店紹介とはちがった「せたがや」の姿を
お見せしていきたいという方針で3年にわたり製作して参りました。
そもそも、「朝日タウンボイスせたがや・めぐろ版」〜「朝日タウンボイス4区版」と地域の朝日新聞販売店により、
購読者へのサービスとして製作・配布されてきたタウン誌でしたが、時代の流れで徐々に予算も縮小、
朝日タウンボイス廃刊の後に、「タウン誌発行を続けたい」という10軒ほどの販売店さんにより、
「世田谷・採集」へと、世田谷を軸にしたタウン誌の遺伝子は受け継がれたわけですが、、。

やはり「消費税8%への増税」によって、スポンサーさんサイドも相当厳しい状態になるようで、
タウン誌製作への予算が回せなくなったというのがお知らせいただいた理由です。
増税が廃刊の直接的な理由なのか、いや、私たちの作る誌面がスポンサーさんが求める利益に結びつかなかったのかもしれない。それでも「消費税増税」は予算カットに至るきっかけとなったようです。
おそらくこうした現象は、中小企業の世界ではあちこちで起こっていることでしょう。
それでも選挙によって、同じ国の多くの人々が選択した結果ですから、
自然災害のごとくそれを受け、それでも続く暮らしを全うするだけです。

それにしても、自分たちの仕事であったから、ということを差し引いても
こういうタウン誌がまたひとつ町から無くなるというのは残念で寂しい事です。
商業的な活動以外にも、町を形作り、感動を与え、記憶に留め置く価値のある名もなき風景、
そういうものが見られるメディアはあまり無いかと思います。

20年ほど前から世田谷のタウン誌作りに参加して、
少なくても月に数日はカメラを担いで自転車に乗り、日中は人も通わぬ路地や社寺、森の影の下にある小さな祠、
街路の片隅に、絵になる造形を求めた日々。
そうした動きもしなくなるのか。。
時代とともに変貌する街に、「だんだん見つけたいものが減って来たなぁ」、「またあれが無くなった・・」
と抗い難い敗北感を感じていた頃だけに、私が世田谷でできる仕事はなくなったのかな、とも思いました。
なので必然的な流れだったような気もします。
「世田谷が“わが町”って気がしなくなった」と最初に感じたのはいつ頃だったか。

無くなっても誰も気付かない街の片隅にある(いる)、あれこれを思い浮かべ「もう私は見にいけなくなるかもです」と
思い、楽しみにしてくれていた同じ価値観を持つ読者のみなさまに「地味な発見」を伝えられないのが残念でもあります。
でも、そういう皆さんなら、きっとご自分で「人知れずの探索」を続けられることでしょう。
そういう皆さんと、街のどこかですれ違ったりするかもしれません。

「世田谷・採集」、これまでご愛読くださいまして、誠にありがとうございました。(円)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

残念です

「世田谷・採集」の廃刊、とても残念です。
朝日タウンボイスの頃から、毎号楽しみにしていました。
それで、これまでの号をまとめた本が出ているかなと思い
ホームページを訪れたのですが、
最終号まで楽しむことができたのは、存続の努力を続けてくださっていた販売店さんと緑心社さんのおかげと初めて知りました。

世田谷らしさがどんどん消えてしまって来ているなか、
今残っている世田谷らしさを写真として残してくださったこと
毎号それを読者に届けてほっとさせてくださったこと、
本当にありがとうございます。
そしてお疲れ様でした。

朝日タウンボイスの号から今回の最終号まで
本にする予定はあるんでしょうか?
是非よろしくお願いします!

出来れば、また違う形で続けてもらいたいです!

世田谷っ子さま ありがとうございます

世田谷っ子さま。
心温まるメッセージをありがとうございました。
これまで「世田谷・採集」を作っていきながら、私も少しずつ世田谷の良いところ、今見つかるもの、そして今後も残ってほしいもの、
そういうものを、いつも違うどこかの街角で思いめぐらせる、有意義な時間を過ごせたと思います。
そういうとき、橋の上で、森の中で、路地裏の片隅で、
見つかるか分からないものの捜索、という不安も忘れられるような高揚感があって、「街を愛する」ような感覚に改めて気付いたりできたのかな、と思います。

世田谷っ子さんが寄せて下さったような励ましやご意見などを、
同じような価値観を持つ方から時々いただいて参りました。
その一つ一つは私のなかで大切な記念碑や記憶の目印として、
とってあります。
いただけた言葉のひとつひとつが、「私がこの仕事をやっていていいぞ」、「私が生きててもいいぞ」という証のようでもあり、この仕事からもらえた宝物です。

世田谷・採集をまとめたものの出版は予定こそないのですが、
せっかくこうしたご意見をいただけたので、なにかまとめてご提供できる方法がないか、考えてみます。

これまでのご愛読ありがとうございました。
なにかいろいろなことが変化して行きそうなこれからの数年。
弊社もどうなって行くんでしょう?  
世田谷っ子さんのこの後が、味わい豊かで面白い発見に満ちたものでありますよう、お祈りしております。(円)
プロフィール

緑心社

Author:緑心社
ようこそ緑心社の
スタッフブログへ。
ホームページはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
世田谷のオススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。