ピラセタム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の役に立つ技術はスゴいなぁ

いつになくこのユルいタイトル。
しかし、「人の役に立てる」あるいは「人を救うことのできる」技術を持った人はスゴいなぁ、
と、つくづく思います。

通勤の道すがら総合病院の横を通り過ぎますが、夜勤明けの看護師さんなどが出て来る様子を見る度に、
人を救う仕事を選んだ人とそうでない自分の差を考えます。
ホスピスの前を通る時、車いすのお年寄りにやさしい視線を向けながらお散歩する職員の方にも、
同様に思います。

また全然違う種類のお仕事ですが、洋服直し。
今年の冬に久しぶりにコートを買ったのですが、家に帰って来てみると、
どうもサイズが少し大きめのような気がしました。
で、気になり出すとどうしょうもなく、、、
大げさなようですが、わざわざ大枚はたいて(私的には)着られないってなんつ〜間抜け。。
とコートに着られた自分の姿を呪いまくった数日・・。
こういう着方ならどうかな、、いやダメだ。
返品は、、、できないよな。 ヤフオクで売るか、、売れなそうだな。。などと悩みつつ、
「洋服直し」を思い至るまでに一週間。

家から歩いても行けそうな「SHESEW」というお店をネットで見つけました。
http://www.shesew.jp
もはや最後と望みをかけ、人生初の洋服直しのお店を訪ねてみました。
結果、あのダークな日々から見事解放してくださいました。

応対してくださったお姉さんも、こちらのつたない説明&願いをきっちり受け止めてくださりつつ、
対応策をいくつもきっちり説明してくださり、
なんというか、そのお人柄とツボを押さえたご説明に、基本おまかせでサイズ調整をしてもらいました。
一週間後、見事に思い描いた通りの仕上がりで、サイズもぴったりのコートを受け取る事ができました。
「いや〜、ほんとに救われた気持ちです」
「そう言っていただけると、やっていてよかったです(笑)」
という受け答えも、なんだか素敵だなと思いました。

こういう、自分の仕事で誰かを救ったり、憂いを払ったり、幸せにできる人ってほんとに眩しいです。
私はなんなんだろう。そんな気持ちにもなりますが、
どういう方向を向いて自分らしい仕事を模索すればいいか、思い知った気がしました。(円)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

緑心社

Author:緑心社
ようこそ緑心社の
スタッフブログへ。
ホームページはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
世田谷のオススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。