ピラセタム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は終戦記念日でしたが・・

昨日は終戦記念日でしたが、
手元にあったこんな冊子にしばらく目を通しておりました。
asakaze.jpg

小学校時代の恩師・谷田川先生が自ら編集された、戦争体験者の方のお話をまとめた冊子「朝風」です。
谷田川先生は、これまでも自らのお仕事のご縁で、
弊社の「地域を紹介する仕事」にご興味を持って下さり、当時制作していた「朝日タウンボイス世田谷・目黒」を
学校教諭向けの参考書に掲載して下さるなど、
それこそ30年近くも前に卒業した私をいまだに見守って下さるような方です。

そして一年ほど前かと思いますが、地元にいる私の父づてに、
お送り下さったのです。

内容は、太平洋戦争当時、中国や南方などさまざまな戦地での体験が、
ワープロの不揃いの書体で、時に手描きの添え書きなども交えて綴じ込まれています。
すでに80代、90代といったみなさんの、
なににも捉われずに文字に落とし込まれた体験は、反戦メッセージといった範疇を越えて、
青春時代を地の果てのような戦場で過ごした人物の記憶を垣間見ているようでした。
リアルであり、地獄であり、しかしそこに間違いなく人生があった。
自ら「老い先短い」などと仰りつつも、
ゆえに自由で正直な記述が、真実味を持って伝わってきます。

私たち戦後生まれが、それぞれの青春を当時の流行歌や映画などを背景に語るように、
密林に横たわる同胞や島の沿岸を埋め尽くす敵の艦船、
樹々も地面も同輩も、全てを吹き飛ばすような砲弾の炸裂が、
彼らの青春の一場面であり、痛みを伴いながらも彼らが自らの人生を懐かしむ時に自然と現れる
映像なのだと、そういう実感があります。

大きな美術館で見た、エジプトやローマの石壁に古代の人々が書き残したもの。
暮らしであり、想いであり、戦いの様子。
そうしたものと同じように、「戦争のあった時代の日本人」の日常の記録を、
純粋に興味と歴史から学ぶ心で見つめる事をやり直さないと、と思いました。
ありがとう谷田川先生。(円)


スポンサーサイト

やはり撮り直してよかった

暑い日が続きますが、そろそろお盆休みの時期。
街もおだやかな静けさに包まれるこの時期はけっこう好きです。

弊社で作らせていただいている「世田谷・採集」次号の取材で撮った写真なのですが、
あいにくの空模様、
komazawakumori.jpg

しかし翌日は数日後に快晴!
思わず早起きして撮り直してきたのですが、
komazawa.jpg
やっぱり正解でした。
バックが青空で、光も充実しているのでまったく別物になりました。
ちなみに、駒沢給水塔です。(円)

占い本フィーバー

日頃から占いはあまり見ないようにしています。
朝の支度中にテレビから流れる星座占いも、始まると同時に消してます。
それはなんというか、にわかに見かけた占いに一喜一憂する自分に「はぁ」と思ったからです。

しかし、久しぶりに弊社のスタッフ一同で囲んでしまった占い本があります。
タイトルは「秘密のジオマンシー占い」。
http://hon.gakken.jp/book/2380012200

uranai.jpg

占い師であり作家であるこの本の著者の方と、
以前お仕事をさせていただいたことがあり、そのご縁で今もこうして
著作をお送り下さるのです。
占い、というジャンルにほとんど縁のない私ですが、
この本は実によくできていると思いました。

装丁も丁寧なのですが、けっこうな厚みがあって読破できるか心配でしたが、
実際はシンプルで入門的な占い方法、さらに詳細な占い方法が非常に簡潔にまとめられていて、
それらによって導かれる「占いの結果」がページ数を増やしているといったところ。

15分ほど読んだだけで、さっそく会社のみんなと占ってみたりして、
「当たってる〜」とか「そっか、がんばらないと〜!」などと声が上がって盛り上がった。

そもそもアラブ圏で行われていた魔術のような占いとのことで、
文章の書き口も、なにか魔術の一端に触れているような体験的な楽しさがあった。
それに、占いの結果にはなかなかにキビシいものも含まれるが、
それは単に絶望の暗示ではなく、大きな危機に備えることができそうだ、という読後感。
これはもう著者が持っているやさしさや人間性が現れていると思う。
著者は「運命を占う」という行為が「明るい運命の探索」であると考えているのだと実感した。

そう、確かにお仕事の縁で初めて著者の方が弊社にいらしたとき、
「え〜、じゃ今度占って下さいよ〜」などと気安く言った私に「では今簡単にしましょうか」と、
カバンからスッとタロットカードを出し、
1時間ほど後、スタッフ全員がなにか前向きな高揚感に包まれた時のことを思い出した。

占いというのは、なにか「自分を読む」ような一面もあるのかな、
とそのとき思ったある種の清々しさとともに、束の間このジオマンシー占いを楽しむことができました。

すぐに実践できて、妄信するような押し付けがましさもない占い本としてオススメです。(円)
プロフィール

緑心社

Author:緑心社
ようこそ緑心社の
スタッフブログへ。
ホームページはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
世田谷のオススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。