ピラセタム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

編集部に超ミニロボ登場

roboQ.jpg
本日、わが社の印刷顧問ともいうべきガッキー様ご来社~。
そして軽く打ち合わせを行いつつ~。
「江の島散歩体験」の出版記念に、ということで「ロボQ」を下さいました!!
いつもなにかしら面白い話題を持ち込んで下さるガッキー様。
ありがとうございます。

手のひらにすっぽり隠れてしまうほどの小さな、そしてちょっとレトロなデザインのロボットが、
コントローラーひとつで動く動く。。
オートにすると、自分で障害物など避けつつ、さらにテーブルの端から落ちることなく
歩く賢さに驚き。
これってもしかしてわが社にも「こうあれ!!」というガッキー様のメッセージだったりして。
う~、がんばります!(円)
スポンサーサイト

江の島(江ノ島)マニアックさん

1年をかけてようやく出来上がった「江の島散歩体験」ですが
いざ出来上がってみると、江の島近辺で置いていただけるところはあるのだろうか・・・
当たり前ながら、こんな問題にぶつかりました。

大きな出版社なら、あらかじめ流通も整っているのでしょうが
なにしろこの規模でやっている会社なので、そんなものもありません。
自分たちで足を動かして、お伝えするほかないわけです。

江の島は、確かに沿線に住む私たちにとって、小さな頃からの
身近な行楽地ではあったものの、
タウンボイスを制作している東京は世田谷、目黒、大田、品川のような
ご縁があるわけでもない・・・

が、しかし、一生懸命作った本。
ここはいろいろとお伺いしてみるしかない!

ということで、現在、江の島近辺の本屋さんやお土産屋さん、地元のサイトにお邪魔しては
「江の島散歩体験」を知っていただけるように、お話しているところです。

先日、ご連絡をさせていただいたのが
「江の島(江ノ島)マニアック」さん。
1999年から続いている、老舗の江の島サイトです。
管理人さんに、「江の島散歩体験」のことをお伝えさせていただいたら
なんとトップページに本の名前を載せてくださったとのこと!

いきなりこんな話をしてご迷惑じゃなかろうか・・・と、ドキドキしながら
打ったメールが、こうして縁を作ってくれる。
新しい仕事がくれた、ささやかだけど大きな喜びが
また明日がんばろう!という気持ちにさせてくれたのでした。(吉)

江の島(江ノ島)マニアックさんのサイトはこちら。
江の島情報満載です。
http://mirabeau.cool.ne.jp/enoshima/index.html




動くとなるといろいろ気付くなぁ

去年末から引越を考えていて部屋探しを継続中です。
この不況もいよいよ、というか既に家計を圧迫する状況になってきており、
もっと家賃を下げたいという理由であります。

探してみるとなかなか「これっ!」という物件にめぐり会うのはむずかしく、
悩ましい限りです。
前回部屋探しをしていたのが6年前ですが、
その頃に比べると家賃相場もちょっと下がったように思います。
それに、インターネットでの物件検索なども、
以前より実際の不動産屋さん店頭での紹介物件との差をあまり感じないくらいの
即応性、それに画像や紹介文の分かりやすさなど、
だいぶ便利になったように思います。(ただ、その分不動産屋さんのお仕事もたいへんになっているような)

いざ引越を意識してみると、もしかしたら去りゆく身近な街並みへの愛着に気が付きます。
それに、意外と知らなかった場所が多くあることにも。
松陰神社商店街の酒屋さんのおかみさんには、おいしいお酒をいくつか教わり(安いのにおいしい)、
週末だけ「にごり酒」や「ワイン」を飲む習慣ができました。
あまり目立たない場所にある総菜屋さんは、どれもおいしくて「高菜炒め」は絶品だと思います。

こうやって自分の居たい場所というのはできていくのだなぁ、と改めて感じた次第です。(円)

ベランダにふりかけご飯

gohan.jpg
わが社のベランダに並べられた謎のふりかけご飯。
あまりに妙な光景に思わず撮ってしまった。
実は、次回のタウンボイスに掲載する「ふりかけ」の撮影をしていたのでした。
予算キビシイのでカメラマンもスタジオも使えない我々としては、
お日様とベランダがスタジオ、で、カメラマンは池ちゃんです。(円)

江ノ島のお土産屋さんで置いてもらいました!

今日は江ノ島の散歩本でご協力いただいたお店に
お礼と献本のため江ノ島へ行ってきました!
どこのお店の方々も、本の完成を一緒に喜んでくださって
本当にありがたくて、感謝の気持ちで一杯になりました。

そして本の販売までご協力いただけるお店も決まってきました。
近日、置いていただいているお店の一覧と詳細はHPにアップしますのでお待ちくださいませ!
これからお店の方々と一緒に、江ノ島の新しいお土産として散歩本を育てていけたらと思っています。(池)

watanabemise.jpg

めずらしく出張

onsen2.jpg
onsen1.jpg

本日は、とある温泉地に出張してきました。
今後の緑心社はどういう仕事をしていくべきか、
また、私自身も仕事にどのような意義を見いだしていくか。。
そのような課題を抱きながら勉強のつもりで、
現地の観光情報センターの方やお土産店、飲食店の方たちとお話してきました。
突然の訪問にも関わらず、気さくにお話して下さる皆さまに、
微力ながら私どもの力がお役に立てばと、奮い立つものがありました。
今度はいくつかこちらのアイデアなども持っていけたら、と思いました。
平日の昼日中に、遠い温泉地の街を歩いていることにちょっと不思議な感覚。
せっかくだからと日帰り温泉も利用したのですが、露天風呂で冬景色の山々を見ながら、
気分転換させていただきました。(円)

2010年 世田谷ボロ市 にて販売

boro2.jpg
boro1.jpg

本日と明日(15、16日)開催されている「世田谷ボロ市」にて、
弊社の本を販売いたしております。
世田谷目黒の書店協会様のブースに間借りしての販売で、
世田谷中央病院正面あたりでやっていますので、ぜひお立ち寄り下さい。

写真は今朝9時半頃の会場の様子です。
まだすこしすいていますが、あと1時間もすると人でごった返すと思います。
天気もよいですし、なにか面白いアイテムを探しに、ぜひどうぞ。(円)

「江の島散歩体験」書店入荷がスタートしました!

本の中の散歩シリーズの第二弾「江の島散歩体験」が
いよいよ一部書店に入荷スタートしました!

今朝は成城の三省堂さんと中の原書店さんへ伺ってきました。
なにしろ小さな会社なので、自分たちで自転車を飛ばして本屋さんへ
直接納品にお伺いしている次第です。
そんなわけで、すべての書店さんへお届けできるには
今しばらくのお時間をいただければと思います。

第二弾「江の島散歩体験」は、ご近所散歩だった「世田谷の南の散歩体験」とは
また打って変わって、かなり盛りだくさんな内容になっています。
史跡あり、神社あり、洞窟あり、美味しいものや、恋人たちのスポットまである
そんな「江の島」を、ぐるり一周、あるいは道に迷いながら探検してみてくださいね。


そうそう、サイトもリニューアルした際に、「本の中で散歩ってどういうこと??」と思われている
方にも体験していただける「立ち読みコーナー」を作ってみました。
こちらは「世田谷の南の散歩体験」の冒頭数ページを体験いただけるようになっています。
是非そちらも見てくださいね!(吉)

→緑心社HP http://www.green-mind.co.jp/ 

テーマ : お知らせ
ジャンル : ニュース

江の島富士が見事に

enofuji.jpg

今日は先日完成したばかりの「江の島散歩体験」を、
制作にあたって何かとお世話になっていた藤沢市観光課に届けてきました!
藤沢市役所にお届けするだけになるかと思いきや、
観光課の方のお心遣いによって、現地観光協会へもご挨拶できることとなり、
結果「江の島」へと行くことができました。
今日は天気も良く、寒いだけあって空気も澄んでいて富士山がどんと見えました!
ついでに江の島もいつもより大きく見えるから不思議です。
写真がお粗末なのは、眩しすぎて携帯カメラの画面がまったく見えなかったから、
と言い訳しつつ。。

藤沢市観光課の方、観光協会の方、今日はお時間を下さいまして
ありがとうございました。
気さくにお相手下さいまして、とても嬉しく思いました。(円)

今日も寒い!!

なかなかいなくならない低気圧のおかげで今朝も寒いですねぇ。
それでも、ひと月前には「めっきり冬らしさがなくなった」なんて言っていたくらいだから、
どこかで「らしさ」の到来に嬉しさもあったり。

さて、明日は藤沢市の観光課さんへできたての「江の島散歩体験」を
お届けに行くので、今日のうちにミニコミの制作作業に目途をつけなくては!!(円)

ついに到着!オリジナル本第2弾!

enohon.jpg

つい先ほど、弊社オリジナルの「本の中で散歩」シリーズの第2弾!
「江の島の散歩体験」の初回印刷分が納品されて来ました!!

思えば昨年の2月、この本のイメージだけを抱えて藤沢市観光センターに飛び込み、
現地の方にいろいろお話をうかがったのを皮切りに、
完成までほぼ1年がかりとなってしまいました。
取材期間に予定していた夏期が、異例の悪天候続きで僅かな晴れ間を縫っての取材など、
やはり仕事は思い通りには行かないものです。。

さまざまな思いを胸に、スタッフ一同完成した本を見つめる次第です。

さて、この『江の島の散歩体験』は、今週末(15.16日)の「せたがやボロ市」での販売をスタートに、
「世田谷の南の散歩体験」でもお世話になりました世田谷区内の書店様の店頭、そして江の島のお土産店などにも置いていただければと考えております。
ひとりでも多くの方に面白がっていただければ、幸いであります!(円)

一杯の…。

最近、自転車で編集部がある世田谷区三軒茶屋~大田区馬込辺りまで行く事が多くなりました。
今夜も取材で自転車を走らせ、界隈まで行ったのですが、
行きは揚々、だけど用事が済んだ帰り道は寒さに負けて体を縮ませている有り様でした。
環七をひたすら真っすぐ真っすぐ進んでいたのですが、
目黒区の南~平町辺りで、堪らず赤ちょうちんならぬ、立ち食いそばやの暖簾に誘われ緊急ピットイン。
背中を丸めながら、330円分の温もりを無造作にすすりました。そこへ、隣に学生さんらしき女性が。
するとお店の大将が「あっ、どうもねぇ」「今日はかき揚げもあるよ」と、声を弾ませています。
聞き耳をたててみると、どうやら常連さんのようです。
「今年もよろしくお願いしますね~」と互いに新年の挨拶を交わす二人。
ペコっとおじぎをする姿がどことなくお茶目で、ありがちな形容ですが、何だかとても心が温まりました。
やはり「飾らない心」が顔を出せるこういう庶民的な場所っていいよなぁ。
そして、自分にとっては止まり木のように立ち寄ったこの店も、学生さんにはかけがえのない場所なんですね。
こうして、みんなどこかに大切な場所を持ちながら暮らしているんだなぁ…。
そう思うと、なんだかとてつもなく美味いきつねうどんを食べている気がしました。(健)



これってジェネレーションギャップ?

昨年の暮れ、墓参りに行った途中。線香を買わねば!と、近くのコンビニで線香を買おうとしたのですが、売り場がわからずあたふた。仕方なく24~25歳くらいの女性店員に「線香はどこですか?」と質問しました。
しかし、店員さんの頭の上にはあきらかに大きな「?」が三つくらい浮かんでいます。「@*?%#ませ~」と解読不能な蚊の鳴くような声を残して、先輩店員のもとへと一目散! こちらは単純に「売り場がわからない新人さんなんだな」と思っていましたが、その店員さんがコソコソと恥じらうように言っている言葉に唖然呆然。
「セ、センコウって何ですか…?」。
たまたまその店員さんが知らなかっただけなのかも知れませんが…。しかしながら、線香を知らない日本人がいるとは、逆に天晴れです。店員さんと自分の間にある15年程の歳月の中で、常識の大転換でもあったのでしょうか? とはいえ、そんな自分も祖母や父母の世代から見れば、きちんと「日本人としてのバトン」を受け継いでいるかは不安ですけど…。う~む。伝えていく、残していくということはつくづく重要だと感じました。
しかし、今思うとあの店員さん、日本の方ではなかったのかもしれませんが…。(健)

今年もよろしくお願い申し上げます

本日、2010年の仕事初めです。
今年は私たちにとっても勝負の年になりそうです。
悔いの残らないよう、精一杯働きたいと思います。
関係者の皆さま、お仕事でお世話になっている皆さま、
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、私はこのお正月休みで町田の実家に帰りましたが、
竹藪に面した実家の窓辺には癒されます。
それでも、街並みは次第に開発が進んでいる様子も見受けられます。
ショックだったのは、
元旦に家族で近所を散歩した時のこと。
子どもの頃に父親とよく釣りを楽しんでいた近所の「へら鮒センター」という釣り堀を
見に行ったのですが、そこに建築計画の看板がありました!!
どうやら今年早々には釣り堀は無くなってしまい、老人ホームになってしまうそうです。

いつか仕事も落ち着いてきたら、たまには実家に帰るようにして、
お父さんと釣り堀に行ったりするのもいいかなぁ、などと考えていただけに、
残念でした。

このところ、時代の変化に飲み込まれるようにして無くなっていく物の多さに驚きますが、
一度無くしてしまったら取り返しの付かないものもあるはず。
そういうものが失われる前に、この不況も終わって欲しいものです。(円)
プロフィール

緑心社

Author:緑心社
ようこそ緑心社の
スタッフブログへ。
ホームページはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
世田谷のオススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。