ピラセタム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外と積もった春分の日の雪

数日前から天気予報で山梨県一帯はすっぽり雪マークだったのですが、
春分の日、この北杜市高根町の緑心社まわりでもずいぶん積もっています。
20センチくらいですかね。。

今日は外出予定がありませんでしたので、
不慣れな雪上運転はせず、おとなしく室内での作業をして雪かきをして、という感じで過ごしました。(円)
春分の雪
スポンサーサイト

小淵沢駅でみつけた小渕沢小学校の「湧水新聞」

すっかり春めていてきましたが、
北杜市でも大泉の一帯はまだまだ冬枯れの風景です。
それでも、地面には小さな緑が見られるようになった気がします。

冬から春にかけての年度末のお仕事もひと段落(してしまった!!)というところで、
初夏の仕事に向けてのしかけをしている緑心社です。

さて、先日。
学生時代からの友人が横須賀からわざわざ始発電車に乗って遊びに来てくれました。
さんざん語り明かし、小渕沢駅まで送っていき、東京方面の特急電車をまっていたときのこと。
すっかり「ふつうの駅」になってしまった小淵沢駅ですが、
通路に「湧水新聞」なる新聞が張り出してありました。
「小渕沢小学校」の4年生の方が、手書きの文字や図・写真で当地の特色でもある「湧水」について
それぞれの視点で記事をまとめたものです。
記事は作文のようでありますが、それがまた書き手がテーマに直面し、
興味を持って見つめて、発見するプロセスが感じられました。
shinbun.jpg


私は20年以上前に世田谷は下北沢のタウン情報誌をつくる会社に入社してから、
東京都内いくつかの地域のタウン誌づくりに、取材・編集で携わって参りましたが、現在は観光情報誌、
観光マップ、観光ガイドをデザイン・編集する仕事がメインになっています。
そのおかげで、現在はこうして北杜市に移転してお仕事させていただいているわけです。

そんな私としても「ハッと」させられる内容に、しばし見入ってしまいました。
山に浸透した水が涌き出でる湧水そのものに興味を持たれた記事、その街の特色そのものである
湧水に環境的な危機が訪れていること。実に真正面から正直に伝えていて、
「あ〜、地域の姿を伝えるってこういうことだったなぁ」と
いつの間にか、紙面作りが「広告」「宣伝」「PR」的発想で塗り固められて、個人の思いや発見を素直に伝える
なんというか「道端のジャーナリズム」感を忘れているなぁ、なんて思った次第です。

興味を持って、見つめて、発見したこと。
素直にこれをやっていくことを大事にしたい、と気づかせてくれた壁新聞でした。
小渕沢小学校のみなさん、ありがとう。これからもみなさんの「探索と発見」の成果を
時々見せてください! (円)

そう、またしても年始の挨拶が2ヶ月遅れに。

2017年の後半から、年明け早々の提出予定のいくつかのお仕事について頭がいっぱい。
そうして年越し。プライベートの新年イベントも終わり、
いろいろと考えていた紙面やデザインのアイデアを、画面上にどんどん落とし込んでいく。
う〜ん。。
いつもながら、頭の中のイメージと実際に画面に展開された紙面との違いに、
不安がこみ上げてきます。。
そこからあ〜でもない、こ〜でもない。。と格闘が始まり、、
ありがたいことに、チラシや冊子の編集デザインのお仕事も追加で頂戴しながらと、、
気がついたら2月も月末に。。遅すぎますが、今年もよろしくお願いします!

途中、しっかり雪も降ったりして、作業中の画面では、
「桜のみどころマップ」を作成しているというのに、窓の外は
yuki.jpg
という状態だったり。
2年前まで世田谷区の三軒茶屋の事務所で首都高を拝みながら仕事をしていた頃にしては、
だいぶ世界が変わったことを束の間に実感したりしました。
東京で頑張ってくれているカメラマン・長谷川さん、
雪の残る年明け早々の撮影、ありがとうございました!!

私の場合、小石をひとつずつ積み上げていくようにしては、また崩してと、
地味に紙面を作って行きますが、そういう作業をしていると
八ヶ岳や田んぼを望むこの場所に、陽が傾き、風が渡り、影が移っていき、
南アルプスの稜線に陽が沈むまで、画面に向かいっぱなしということも多々あります。
でも確かにここ北杜市高根町の景色が目の端に入る瞬間に、
よかったなぁ、と思います。
で、また作業に戻る。。

「という感じなんだろうと思っていたよ」と、友人に笑われそうです。
年度末のお仕事はまだまだやりかけのものも多いですが、「慌てない心」で
またひとつひとつ小石を積み上げていこうと思います(笑)。

そして、気がつくとありがたくもすぐに夏の仕事のお話となりそうで、
たしかに、一年早いわけだと思うのでした(円)

2017年もありがとうございました

どうにか、2017年も無事に緑心社の仕事納めを迎えることができました。
そして気がつくとあと十数分で今年も終わり。
仕事部屋の窓を換気のために薄く開けているのですが、月明かりに照らされた田園の向こうから、
笛や太鼓、、神社のお神楽の音が聞こえてきます。

さて、今から歩いていけば、ちょうど年明け直後に神社に到着できそうです。

今年も緑心社にお仕事の機会をくださったお客様。
弊社の仕事をご評価くださったり、ご意見を授けてくださったりしたみなさま。
いつも私どもの仕事にお力添えくださる、
ライターさん、イラストレーター&デザイナーさん、カメラマンさん、印刷屋さんほか、
仕事仲間のみなさま。
本年もありがとうございました。 どうか良いお年をお迎えください。

そして、来たる2018年もどうぞよろしくお願い申し上げます。(円)

用事のついでに牛に会いに

先日、長野県の方に用事がありまして、
そのついでにナビの表示で気になっていた「八ヶ岳中央農業実践大学校」に立ち寄りました。
usi.jpg

以前は仕事の合間の移動中はとってもアーバンな風景の中の移動でしたが、
今は移動の合間にこういう風景に立ち寄れることがおどろきです。

ほんとに月並みですが、仕事のアイデアに行き詰まったり、
なんだかイマイチ感に苛まれた時、
思いっきり別世界のようなこうした風景を眺めると、パッと違った思いつきがあるように思います。
牛たちと見つめ合ったり、羊や山羊にエサをあげたりして、
直売所でおいしい牛乳を買って帰りました。
近頃時々来る長野県の原村ですが、北杜市とはまた違った魅力のある地域。
八ヶ岳南麓への移住をイメージしている友人に勧めたくなる場所です。(円)
プロフィール

緑心社

Author:緑心社
ようこそ緑心社の
スタッフブログへ。
ホームページはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
世田谷のオススメ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。